各種健診のご案内

人間ドック健診被扶養者健診健診後の保健指導

人間ドック健診

受診科目および対象者

受診資格 (資格取得をした翌年度から受診資格を有するものとする。)

基本検査

人間ドック

満30歳以上の被保険者

がん検診

子宮細胞診検査

満30歳以上の被保険者(巡回以外健診受診)
満20歳以上の被保険者(巡回健診受診)

HPV検査
(巡回健診のみ)

満30歳の被保険者
満35歳の被保険者

乳房診検査

満35歳以上の被保険者

前立腺検査
(PSA)

満50歳以上の被保険者

受診年齢は年度末までに達する年齢


巡回健診機関

健診機関
医療法人財団 京映会
一般財団法人 日本予防医学協会

実施期間
6月〜翌2月(10月、11月を除く))

手続き
事前の手続きは不要です。

契約健診機関

健診機関
「健保からのお知らせ」欄に契約健診機関一覧最新版が添付されています。


受診期間
4月〜翌2月(12月までの受診推奨)

手続き
受診者が各自、受診機関に予約する。

健診の補助金・精算方法等

補助金額

人間ドック

上限30,000円(税込)
人間ドックと併せて子宮がん検診・乳がん検診、またはその両方を受診した場合上限35,000円(税込)※女性に限る

巡回健診

全額補助
ただし、基本検査・受診科目のがん検診以外は補助対象外

精算方法

検査料金合計(基本・がん検診・消費税)が30,000円未満の場合
※子宮がん・乳がん検診受診時は35,000円未満の場合
健診機関窓口での精算額はゼロ

検査料金合計(基本・がん検診・消費税)が30,000円超の場合
※子宮がん・乳がん検診受診時は35,000円超の場合
健診機関窓口での精算額は(検査料金合計−30,000円)が受診者の自己負担となる。
※子宮がん・乳がん検診受診時は−35,000円

健保の補助金額は契約健診機関から健保に直接請求される。

がん検診は子宮がん検査・乳がん検査・前立腺検査(PSA)に限る。それ以外のがん検診またはオプション検査等を受診した場合は補助対象外となります。

このページの一番上へ

被扶養者健診

受診資格(被保険者が資格取得した翌年度から受診資格を有するものとする。)

基本検査

人間ドック

満30歳以上被扶養者

がん検診

子宮細胞診検査

満30歳以上被扶養者

乳房診検査

満30歳以上被扶養者

前立腺検査

満30歳以上被扶養者

特定健康診査

満40歳以上被扶養者

受診年齢は年度末までに達する年齢


受診期間
4月〜翌2月 (12月までの受診推奨)

手続き
受診者が各自、受診機関に予約する。

特定健康診査

受診期間
4月〜翌2月 (12月までの受診推奨)

手続き
お住まいの市町村に受診券での特定健康診査受診が可能かを確認後、健康保健組合までお問い合わせ下さい。
受診券を発行しますので、発行された受診券と保険証をお持ちの上、市町村指定の健診機関で受診下さい。


健診の補助金・精算方法等

補助金額

人間ドック
主婦健診

上限20,000円(税込)
人間ドックまたは主婦健診と併せて子宮がん検診・乳がん検診、またはその両方を受診した場合上限25,000円(税込)
※女性に限る

特定健康
診査

全額補助

精算方法

検査料金合計(基本・オプション・消費税)が20,000円未満の場合
※子宮がん・乳がん検診受診時は25,000円未満の場合
健診機関窓口での精算額はゼロ

検査料金合計(基本・オプション・消費税)が20,000円超の場合
※子宮がん・乳がん検診受診時は25,000円超の場合
健診機関窓口での精算額は(検査料金合計−20,000円)が受診者の自己負担となる。
※子宮がん・乳がん検診受診時は−25,000円

がん検診は子宮がん検査・乳がん検査・前立腺検査(PSA)に限る。それ以外のがん検診またはオプション検査等を受診した場合は補助対象外となります。

このページの一番上へ